「Acu Life(アキュライフ)」の評判

「老眼」が現れてくるメカニズムと対策

「年をとった」という自覚症状の中でも、特に忘れてはならない
超典型的・代表的な要素に、「視力」という「見る力」を挙げることができます。

 

加齢による、視力の悪化要因に関しては
その他に「白内障」や「緑内障」といったものも挙げられますが
「それ以前」に始まる問題として「単純な視力の低下」があります。

 

いわゆる「老眼」と呼ばれる「近くのモノが見えない」症状は
早い人では、30台半ばから始まり(劣化自体はもっと早くから)
40代以降になり、より顕著になる症状です。

 

「新聞を目から遠ざける」という、例のアレが始まることになります。

 

この劣化現象は現象は筋肉・骨・内臓と同じく、基本的には避けられないものにはなりますが
現在の状況を改善し、更に対策をしっかりと行う必要があります。

 

根本的な原因は「消耗」

 

体のあらゆる器官に言えることですが・・・

 

「使わない」ということが、まずは「劣化」する原因の1つになります。

 

一方で常に使い続けているものに関しては、「休ませる」ということも時には必要です。

 

しかしながら「使わざるをえない」器官が、視力を始めとする「感覚器」であり
その分、劣化スピードが速い・避けられないものになります。

 

基本的には、なかなか劣化しないようにできているものですが
さすがに何十年と使っていれば「ガタ」がくるものです。

 

実際に、老眼は「生理現象」と考えられる症状なのです。

 

そして老眼(正しくは「老視」)とは、眼球を構成する組織である
「水晶体」がしぼんでいくことによって、いわゆる「ピント」が合わなくなっている症状です。

 

少しずついろいろな部分が劣化していく

 

視力と呼ばれる感覚は、対象物との距離その大きさ・色といった
様々な要素を、それぞれの役割を持った組織で担っていますが
一部の機能が失われることで、最終的な能力に支障が現れます。

 

ただし老眼の根本原因と考えられている、「水晶体衰え」は年月の経過によって
着実に起きるものであり、大きな範囲で考えれば防ぐことができません。

 

そのため、その要因の「周囲」を対策していくことが大切になります。

 

「眼球」を守ることが一番の対策に

 

視力・眼球は、その機能の分だけ複雑に作られています。

 

現実として、ピンポイントのケアは困難なものになります。

 

そのため、各器官の消耗につながる要素のケアを考えましょう。

 

「眼精疲労」を避ける

 

視力の低下に対して、直接的ではないものの
間接的に、確実に関わっているものとして「眼精疲労」があります。

 

疲れている状態で「頑張って見る」ことで、その負担・消耗スピードが増すことになります。

 

視力悪化の要因として有名なものに、「暗い場所で本を読む」というものがありますが
これも「暗い文字」を見るために、目が「頑張り過ぎる」ことが原因です。

 

この他にも「極端に小さな文字を読む」といったことだけでなく

  • 徹夜(目を開けている時間が長い)
  • 動脈硬化(眼球組織への酸素・栄養素供給の滞り)

 

全てがめぐって、老眼は発生するのです。

 

「老眼」は回復するのか?

 

「目にいい食べ物」と言えば「ブルーベリー」が挙げられます。

 

その理由としては、「紫外線」という負担から目を守る

  • アントシアニン
  • ルティン

 

が豊富であるということ、また「ポリフェノール」によって
眼精疲労を緩和する働きがあることが挙げられます。

 

しかしながら「水晶体」を修復する能力はなく、あくまで「要因の緩和」という働きになります。

 

とは言っても、全く意味がないわけではなく
眼精疲労をケアすることで、目の負担を減らすことはできるための
視力の劣化に対する、立派な対策の1つと言えます。

 

水晶体は、直接的な改善策をとることができない組織であり
どうしても「予防」と「対策」に全力を尽くすしかありません。

 

「かすみ目」や「ドライアイ」を防ぐ

 

「中年」とは、働き盛りの年代であり
その分、眼球への負担が大きな生活を送っていることと思います。

 

だからこそより注意が必要になりますが、その「指標」の1つとして
更に「防ぐべき症状」として「かすみ目」という症状があり
その根本原因である「乾燥」に関しては、できる限り避けたいものになります。

 

具体的には、生活環境の「湿度」を意識し
更に「目薬」といったものを常備することから始めましょう。

 

またデスクワークの際等、「瞬きしてないな」といったことに注意し
少しの間、温かいタオルを乗せることも非常に有効な手段です。

 

こうした小さなことの繰り返しが、視力というかけがえのない感覚を守ることにつながるのです。

トップへ戻る