「Acu Life(アキュライフ)」の評判

軽い症状が重い病気の前兆とばることも

中高年の体に起きるトラブルは、「内臓」の不調や
血糖値などの、各種「数値」が関わるものだけではありません。

 

「肩こり」といった「物理的な不調」も多く見られる症状であり
それらによって招かれる「頭痛」や「吐き気」に関しても
中高年に特徴的な症状であることは、多くの人が実際に感じているはずです。

 

そういった「痛み」や「不快感」は、体が発するシグナルであり
体内で「確実」に「悪いこと」が起こっている・起き始める前兆です。

 

「体液」の状態が要因となる症状

 

肩こりを中心とした、いわゆる「コリ」と呼ばれる現象は
「体液」が滞っていることによって、引き起こされます。

 

体液とは、

  • 血液
  • リンパ液
  • 細部に含まれる水分

 

全てを指し、これらの流れが悪くなることによって
1箇所に集まってしまった状態を「コリ」と呼びます。

 

体液の流れが悪化する要因

 

体液が滞る原因として、一番多いものに「筋肉の収縮」が挙げられます。

 

また、この筋肉の収縮が原因となる頭痛を「緊張型頭痛」と呼び
「偏頭痛」と並んで「慢性型頭痛」の1つに数えられます。

 

何らかの要因によって、筋肉が収縮する指令が
脳から神経に向けられており、筋肉が収縮することによって
体液が通る道が狭くなってしまい、流れが遮られてしむことになります。

 

一般的には「長時間のデスクワーク」や、それによる「姿勢の悪さ」といったものが
コリと呼ばれるものの、原因と考えられがちですが
その根本原因は、それ以外の場所にあることがほとんどです。

 

肩こりを感じると「年をとったな・・・」と思い、全体が衰えていることが原因と考えがちですが
物理的なものでなく、体の内部用因果が原因である場合もあり
それこそが本当に軽快すべきものであり、肩こりや頭痛は単なるシグナルであることもあります。

 

そもそも、「動脈硬化」や「高血圧」によって
血管が狭くなることで、血液の流れは悪化します。

 

そもそも高血圧は、体液の「浸透圧」の乱れが大きな原因の1つでもあり
浸透圧は「細胞内の水分量」と、血管内の水分量にも影響するため
体液の濃度のコントロールが難しくなっている状態です。

 

貴重な初期症状の可能性も

 

中高年の代表的な疾患は、密接にリンクしています。

 

  • 糖尿病を原因とする動脈硬化
  • 高血圧を原因とする高血圧

 

これらに共通することが、「初期症状を感じにくい」ということですが、
肩こりと頭痛は、これらの症状の数少ない自覚症状でもあります。

 

「よくあること」と「見逃してはいけない」症状です。

 

軽く考えずに、何らかのトラブルが体内で起きてしまっている
という意識を持ち、出来れば「検査」を受けることをおすすめします。

 

もしかしたら、本当に初期の段階かもしれませんが

 

「自覚をした時にはすでに進行している」

 

ということも、生活習慣病の特徴であります。

 

いずれにしても「年をとったからかな?」と軽く考えがちな症状は
後に、思いもよらぬ思い疾患を招くこともあるということを忘れず
「年をとった」と自覚したら、むしろ些細なことも見逃さないことが大切になります。

トップへ戻る