「Acu Life(アキュライフ)」の評判

鍼灸院通わなくても自分の家で鍼灸の効果を試せるアイテム

若い頃には興味が沸かなかった・・・

 

そもそも気にも留めなかったものも・・・

 

年をとるにつれて、興味が出るくることは珍しいことではなく
「鍼灸(しんきゅう)」に関しても、その中の1つであると言えます。

 

熱い・痛いという印象が強く、「やらなくていい」と思っていた方も
「ちょっと試してみようかな?」となる現象は、珍しくありません。

 

鍼灸とは、典型的な「東洋医学」の一種であり
「漢方」と同じく、「経験」や「伝承」といった面が強いものでしたが
近代では「医療技術」として、西洋医学が活発な欧米でも利用されている
より研究・検証が高まった、立派な1つの医療技術を言えるものです。

 

その発祥は、やはり「中国(と言われている)」になりますが
東・南・東南アジアでも、伝わったもの・似た技術は存在します。

 

「外科手術(メスで開けて手当てする)」という概念がない時代には
漢方による内側からの処置、そして鍼(はり)や灸(きゅう)による外側からの処置
この2つによるアプローチが主流であり、経験値から”おおよそ”の効果を目的としましたが
その効果・目的が「けっこう当たっていた」ことも、注目された理由になります。

 

鍼灸はどんな症状に効くの?

 

鍼灸の効果は、「無限大」と言う他ありません。

 

というのも、

 

その内容というのは、「温泉の効果・効能」と非常に似ており
温泉にある「効能が書かれた板」にあるように・・・

 

  • 病弱
  • 肩こり
  • 神経痛
  • 冷え性
  • 喘息
  • 消化不良
  • 便秘
  • 難聴
  • 傷・打撲
  • アトピー
  • 不眠
  • 婦人病

 

・・・etc

 

非常に幅広く、且つ曖昧なものになります。

 

しかしながら「胡散臭い」といったものではなく、幅広いメリットが体に現れることになり
その内容人によって異なり、ある意味で「自然治癒力の加速」ととれる内容です。

 

基本的な効果である「血行の促進」それによる「代謝の改善」によって
体のめぐり・サイクルがスムーズになることで、「傷の治りが早くなる」という傾向が”生まれやすく”なるのです。

 

「必ず効く」とは言えないが、「よい効果はある」という存在です。

 

基本的な概念は「ピンポイントに・適格にツボを押す」こと
鍼・灸共にいわゆる「ツボ」と呼ばれる部分を、適格に抑えることがコンセプトとも言えます。

 

「特定の場所」を押すことで「特定の効果が現れる」ということも
典型的な東洋医学のコンセプトであり、実際に効果も認められているものです。

 

場所によっては「白血球の増加」といった、免疫機能の向上に対して
直接的に関わるものもあり、非常に理論的な施術・効果・結果であると言えます。

 

近代以前は、施術のための「資格」といったものはなく
人から人へ伝承されてきただけ、と言えるものでした。

 

しかしながら現代においては、「はり師」と「きゅう師」は国家資格であり
片方だけの資格ではもう片方は施術できず、両方の資格を持っている人は「鍼灸師」と呼びます。

 

こういった、資格や教育といったものが生まれたことも
医学・医療技術として認められた証と言えるはずです。

 

ただし「医療保険」といった面において、未だ曖昧な面もあり
そういったことが、「マイナスの印象」を与えてしまう要因になっています。

 

刺さない鍼「Acu Life(アキュライフ)」

 

本格的な鍼灸の施術というのは、もちろん通院が必要ですが
最近では、「自宅で自分でできる鍼灸」といったコンセプトアイテムも存在します。

 

もちろん述べた通り「本物」は資格が必要なものであり、あくまで「似たようなコンセプト」です。

 

その中でも「Acu Life(アキュライフ)」は、特におすすめのアイテムになります。

 


 

「刺さない鍼」というコンセプトの通り、「シール型」となっていますが
「小さな磁石」を肌に圧迫させることによって、鍼と似たメカニズムを発生させます。

 

目的別・ツボ(場所)別に、様々なラインナップが存在しており
「健康」だけでなく、「美容」といった目的にも利用できるものになります。

 

やはり、基本的には中高年以降の方に人気のアイテムであり
トラブルが起きやすい時期に特別なケアをしたい、でも「本物は怖い」という方に人気となっているようです。

 

特別なアイテムにしてもは、非常リーズナブルな価格帯であり
そういった面からもハードルが低く、ぜひおすすめのアイテムと言えます。

 

「Acu Life(アキュライフ)」の詳細・公式ページはこちら

トップへ戻る